カリーナ ハードトップ TA17

スプリンターが廃車になって、車がなく不便でした。

学生時代の夏休みに昆布取りのバイトをしてお金を貯めました。

親父がプリンス系のディーラーと付き合っていたので、

中古車を探してもらいました。

本当は通称「箱スカ」(GC10)と呼ばれていたスカイラインが欲しかったのですが

高くて手が出ませんでした。

ディーラーが持っていた中古車リストにカリーナ1600STがありました。

昭和48年式のカリーナを昭和55年に購入しました。

型式はTA17 エンジンは2T-B。

  • 生産期間:1970年11月 – 1974年2月(国内向け)
  • 種類:OHV 8バルブ ツインキャブレター ハイオクガソリン仕様
  • 排気量:1.588L
  • 内径×行程:85.0×70.0(mm)
  • 圧縮比:9.4
  • 出力:105ps/6,000rpm
  • トルク:14.0kg・m/4,200rpm

この頃はまだOHVのエンジンでした。

カタログより

最初は細い鉄チンホイル(4.5J???)に165サイズのタイヤがついていました。

6Jか6.5Jの鉄チンホイルに195サイズのタイヤを履かしているのが

掲載している写真です。

この鉄ホイルは元々は黒なのを部屋で缶スプレーで銀色に塗装しました。

部屋中、匂いと塗装が飛び散って大変だった記憶があります。

またオーバーヒートを起こしてエンジンが駄目になり、

中古の2Tエンジンを探してもらい載せ変えた事もありました。

学生時代では一番記憶に残っている車です。

次回からは社会人になってからの車を掲載します。

 

 

コメント

  1. Kalista より:

    Hi, very nice website, cheers!
    ——————————————————
    Need cheap and reliable hosting? Our shared plans start at $10 for an year and VPS plans for $6/Mo.
    ——————————————————
    Check here: https://www.reliable-webhosting.com/