カリーナ 2連発 TA40

前回は学生時代に買ったカリーナでした。

大学を何とか卒業して就職しました。

就職試験で落ちたり色々ありましたが、今のカミサンの応援もあり

なんとかサラリーマンになる事ができました。

職種は営業で自分の車を使えとの事だったので前回記載したカリーナを仕事に使っていました。

しかし営業の走行距離は毎月3000Kmくらいで、あっという間に学生時代からの車は駄目になりました。

そこで乗りたいなと思っていたのが、DOHCエンジンです。今まではOHVのエンジンで高回転は駄目でした。DOHC(ダブルオーバーヘッドカム)は高回転まで回るように作られたエンジンです。日産はS20と言う名機が合ったのですが高額で買えません。そこでトヨタの1600ccで2TGというエンジンがありました。

有名なのはオーバーフェンダー付のの27トレノ、レビンですね。

その当時はなんとカリーナにも2TGを搭載しているモデルがあったのです。

4年落ちの中古ですが表紙に掲載しているカリーナ1600GTを100万弱で購入しました。

もちろんローンですが(笑)

この前に乗っていたエンジンよりは高回転まで回りましたが、

排ガス規制で少しひ弱になっていたエンジンです。

エンジン型式 2T-GEU 昭和51年度排出ガス規制適合

生産期間 1976年12月 – 1978年3月
種類:DOHC 8バルブ EFI(電子制御式燃料噴射装置)
排気量:1.588L
内径×行程:85.0×70.0(mm)
圧縮比:8.4
出力:110ps/6,000rpm
トルク:14.5kg・m/4,800rpm

この車も2年間乗っていました。走行距離は1年間で3万Kmオーバーでした。

当時、付き合いのあった板金屋さんで車高を低くしたいといったら、

すぐできるよの返答でした。

やったのはスプリングをバーナーであぶって上から押すとスプリングがちぢみました。

簡易の車高短です。しかしサスは遊ぶはで運転性能は最悪になりました(笑)

私のは車の話はここまでで、次は初のカミサン車の話です。

当時、私が上記のカリーナに乗っている際に、カミサン用に初めて車を買いました。

(前回のゴルフはカミサン用2台目です)

カミサン用に買った車がなんと同じカリーナTA40の4ドアでした。

1600STだったかな。知り合いの板金屋さんがディーラーの車を5台で20万とか

一山いくらでディーラーの中古車センターから購入していました。

その中に同じカリーナの4ドアがあり5万で購入しました。

その写真はないのでカタログからです。

買ってきた当初はノーマルでしたが、ワークのホイルと225/60/14のピレリを履かしたりしていました。

ワークのホイルです。

7Jに225サイズなのでフェンダーからはみ出していました。

カミサンが運転していて○○カーに止められてはみ出ているのでと注意された事もありました。その後はみでないホイルとタイヤに変えました(笑)

何故かカリーナを2台所有していた時期の話でした。

次回はスカイラインシリーズのR31以降を書いてみようと思います。

 

コメント