スカイライン R33  GT-R  その3

R33その3です。

その頃は色々と物入りで、少しづついじっていました。

あの頃の写真を探したら、アナログではなくデジタルの画像が残っていましたので掲載してみます。

■エンジンルームです

M’s K&N エアクリーナーをつけています。

この吸気音もいいですがS30Zのウエーバーの吸気音のほうが好きでした。

RB26DET R33

■シートベルトはSabeltの青にしていました。

R32に乗っていたときはSabeltの赤でしたが、何となく年をとってきたのか青にしてます(笑)

■単身赴任で始めての都市でしたので、軽いカーナビを買っていました。

今も車は2台所有していますが、どちらもメモリーナビです、

このSONYのナビはHDDナビより検索が速かった記憶があります。

■ULTLAのリミッターCUT

リミッターカットの電子部品ですが、優れもので設定回転数になるとブザーと赤い点灯でドライバーに知らせてくれます。オーバーレブ防止には効果的でした。その後ECU(コンピューター)を交換した後も継続して使用していました。

■ZEEK ワンダーキャット6

昔は今と違い取り締まりはレーダー波を使用していました。

レーダー式オービス等で使用されている
Xバンド(10.525GHz)とおなじ周波の電波を発信しています。

本来レーダーテスターなのですが、レーダー式測定機と同じXバンドのレーダー波を発射するため、
測定機の近くで使用すると、相互干渉によりレーダー式測定機が[速度0Km]若しくは 速度エラーを起こしてしまいます。そのため、スピード取り締まりの近くでの使用は取り締まりを妨害してしまいます。レーダー探知機が正常化どうか判断するレーダーテスターとして販売されていました。

今の時代はレーザーに変わってきているので役に立ちませんね(笑)

■サーキットを走るときのオーバーヒート防止用ナンバープレートステー

ナンバーを取り外さずにボルトでナンバーを水平にしてラジエーターに空気の当たる量を増やします。ナンバーを水平にするボルトの固定を忘れると時速70Km/hで自然とナンバーが風圧で倒れます。この状態で公道を走行すると道交法違反なので絶対にやめてください。(笑)

■おまけに。 車を複数台所有している人はバッテリー上がりで苦労していると思います。

CTEKバッテリーチャージは365日つけっぱなしでいつも満充電状態すぐれものです。

フェラーリやランボルギーニの純正付属部品にもなっているようです。

半年以上乗らない時はこれを接続しておくと満充電となってバッテリー上がりの苦労はなくなりました。

足回りはネジ式車高調もつけていましたが、最終的にはMinsのCリング車高調に落ち着きました。

色々と記憶にある車でした。

R33  GT-Rの話はこのへんで・・・

コメント

  1. Gracelyn より:

    Hi, very nice website, cheers!
    ——————————————————
    Need cheap and reliable hosting? Our shared plans start at $10 for an year and VPS plans for $6/Mo.
    ——————————————————
    Check here: https://www.reliable-webhosting.com/